ダボ


親骨と受骨の接合部分。

この部位は開閉時に最も負荷がかかる部位であり、損傷しやすい箇所になります。

金属ダボ


金属素材のダボ。

親骨・受骨に対して後から取り付けるタイプのダボなので、小ロット生産向けの作り方。

また修理も比較的容易に行いやすい。

デメリットとしては金属ですので錆が出やすいのと、バリ取りをしっかり行わず、グラスファイバー骨を組み合わせた場合、骨が折れやすいリスクがあります。

 

樹脂ダボ


樹脂素材のダボ

金属ダボと比べ樹脂で構成されているので錆びないのと、親骨・受骨とが一体に見えるので外観がスマート。

ただ樹脂ダボそのものが破損すると修理は難しく、傘骨全体もしくは親骨・受骨そのものを交換しなければなりません。