傘を長持ちさせる正しい使い方

洋傘はデリケートな製品なので、丁寧に扱うことが重要となります。


【使用前】

長傘は使う前には必ずウォーミングアップをする

急な雨でムリに傘を開こうとすると、生地が絡んで骨が折れる原因となります。

傘を開くときは、ネームバンドが絡まないように注意し、2~3回軽く振って生地をほぐしてから開くようにしましょう。

 

折りたたみ傘は中棒を引き出してから開く

折たたみ傘を開くときは、中棒を完全に引き出してから開くようにします。

しまうときは生地をまとめて巻き、軽く手元を叩くようにして中棒を押し込みます。

【使用中】

傘がこわれたまま使用しない

骨が折れたり、手元が破損した状態で使用し続けると、他の部分にも負担がかかり、さらに傘の状態が悪くなります。

 

さしているときは回さずに

開いた傘を肩にかけて手元でクルクル回す様子を目にしますが、ロクロや手元に遠心力がかかり、大きな負担となり傘ががたつく原因となります。

 

杖代わりに使わない

杖代わりに使うと、傘全体や特に中棒に大きな負担がかかるので避けましょう。

 

クリーム類がついた手で使用しない

ハンドクリームや日焼け止めクリームがついた手で手元や生地をさわると、色落ちの原因となることがあります。

傘の使用前に手についたクリーム類は必ずキレイに洗い流すようにしましょう。

 

強風時の使用は避ける

強風時に使用すると骨が折れるなど傘が破損する恐れがあるので、手に持って傘があおられるときは使用を避けましょう。

 

集中豪雨などの局地的な雨の際は使用しない

最近特に異常気象による豪雨が多発しているが、このようなときは、雨傘であっても使用しないこと。

できれば強風時も含め、安全面から、外出そのものも避けたいものである。

 

純パラソル・晴雨兼用の傘は適した天候で使い分ける

たとえ小雨だからといって純パラソルを雨天時に使用したりしないようにしましょう。

【使用後】

使用後の強い水切りは避ける

水切りの際に強く振ると、骨やろくろ、生地に大きな負担がかかります。「水切りはやさしく」が基本です。

 

使用後は必ず陰干しをする

濡れたまま放置したり、充分乾燥させずに収納すると、生地の変色、カビ、はっ水機能の低下や骨の結合部分のさびの原因となります。

使用後は必ず陰干しして湿気を充分に取り除いてください。

 

たたむときは生地を強く締め付けない

手で生地を締め付けたり、こすったりすると、表面のはっ水加工などが取れてしまう恐れがあります。

 

傘立てにしまう際は必ずネームバンドを閉じる

露先が開いたままだと、他の傘と絡んで骨が折れたり生地が傷んだりする原因となります。横着せずにネームバンドは閉じましょう。

 

傘は強く拭かない

強く拭くと生地の表面加工が取れてしまうので注意しましょう。(軽く負担がかからないように拭く。)

【その他の注意】

車中に放置しない

傘の車の座席やトランクルームに放置すると骨のさびを招きやすくなります。

また夏場は高温になり、手元が変形したり、生地の色移り(移行昇華という現象)といたトラブルの原因にもなります。

 

洋傘も“着替える”

梅雨時や長雨のシーズンで雨の日が続き、陰干しをする間もなく同じ傘を連続して使用すると、生地に水分が残り雨漏りしやすくなるので、洋傘も服や靴と同じように着替えたいものです。

【傘のお手入れ方法】

洋傘の表面には加工が施されているので、なるべくなら拭くのは避けたいですが、汚れてしまいやむを得ず拭く際は、ぬるま湯に中性洗剤を薄めてスポンジにしみ込ませ、ポンポンと軽くやさしくなでるようにします。そのあとは、必ず陰干しで乾かし、風通しのよいところで防水スプレーをしてください。

なお、純パラソルは基本的には洗えません。