傘生地の素材 / Material

雨傘・晴雨兼用傘・日傘に使われる素材は主にポリエステル、ナイロン、T/C、ポリエチレンが一般的です。

日傘だけですと、綿や麻などの素材も使われます。

※下記の解説は一般的な製品に対するものです。特殊な製品は対象としておりません。

ポリエステル / Polyester

雨傘に関しては、ポリエステルが最も使われている素材ではないかと思います。ポリエステルは疎水性や発色が良いのがその理由です。デメリットとしては移行昇華(色移り)しやすい素材であることです。現在は加工技術の進歩により移行昇華する確率は減っていますが、染色の関係上絶対に色移りが発生しないとは言い切れないという問題があります。

ナイロン / Nylon

最近はほとんど使われていませんが、昔は製造コストが安かった為、ナイロンが沢山使われていました。近年ではポリエステルとほぼコストが変わらなくなった為、ナイロンを選択する理由がなくなりました。またナイロンは生地の収縮があり、冬などの空気が乾燥するシーズンは傘の開閉に支障をきたす場合があります。メリットとしてはポリエステルと比べ染色方法が異なるので、移行昇華は発生しない素材です。

T/C

ポリエステルと綿の混紡素材。晴雨兼用傘や日傘などに、綿のような風合いを出したいときに使う素材。通称T/Cと呼ばれていますが、かつてポリエステルの事をテトロン(東レの商標)と呼んでいた名残りで頭文字のTを使い、Cはコットン(綿)で、T/Cと呼ばれています。正確にはポリエステルとコットンなので、P/Cという呼び名がふさわしいかと思います。ポリエステルと綿の混紡比率は様々ですがポリエステル60%〜70%、綿が30%〜40%程度が相場になっています。

ポリエチレン / Polyethylene

ビニール傘などで使われる透明な素材。以前はPVC(=ポリ塩化ビニル)が使われていましたが、ダイオキシン問題でPVCは使われなくなり、代替素材としてポリエチレンがメインで使われるようになっています。ポリエチレンのデメリットとしては素材に傷が付きやすい事・白濁しやすい事です。



傘生地の加工や機能

一般的な洋服と比べ、雨傘や晴雨兼用傘の生地には様々な加工が施されています。

※下記の解説は一般的な製品に対するものです。特殊な製品は対象としておりません。

防水加工

通常生地の裏面に防水加工が施されています。水を通さない機能をします。防水加工はアクリルコーティングが多く、その他はPU(=ポリウレタン)コーティングやシリコンコーティングなどがあります。

撥水加工

防水加工とは異なり、水を弾かせる為の加工が撥水加工になります。撥水加工は主に生地の表面に加工されます。加工原料は主にフッ素系のもので、価格により撥水のランクがあります。

UV加工

紫外線遮蔽率を上げる為の加工です。基本的には生地だけでもUVカットしますが、UV加工をする事で数%紫外線カット率があがります。生地の色や厚みなどによって遮蔽率が変わりますので、UV加工をして何%カット率が上がるのかはケースバイケースです。

遮光・遮熱加工

主に晴雨兼用傘などで使われる加工。防水加工でも使われるPUコーティングも遮光・遮熱加工の一種です。また生地に遮光フィルムをボンディングする事で遮光・遮熱機能を付加する素材もあります。



ロータリープリント / Rotary Print

スクリーンの型を円筒状にしたようなもので、それを機械にセットし回転させながら傘生地に色糊をしめつける。柄を合わせてプリントすることが難しい為、色数が少ないデザイン向き。フラットプリントと比較すると精細な表現は不可能。


※生地幅は62インチ、66インチ

※柄ピッチは64cm

※新柄オーダーする場合は、1色当たり15,000円の版代が必要

 ポリエステル素材は4000ヤード以上のオーダーで版代フリーになります

 ナイロン素材の場合は8000ヤード以上のオーダーで版代フリーになります

※最大色数は15色まで可能



フラットプリント / Flat Print

一般的にはオートスクリーン・プリントと言われますが、傘業界ではフラットプリントと表現する事が多い。

プリントの型枠を機械に固定し生地を移動さ せてプリントしていく方法です。

ロータリープリントと比べ少々高価、柄によって型枠の境界線が出てしまう事があるので、使用可能なデザインかどうか確認が必要です。

精細な表現は可能。

 

※生地幅は62インチ、66インチ

※柄ピッチは60cm

※新柄オーダーする場合は、1色当たり15,000円の版代が必要

   フラットプリントはオーダー量によって、版代フリーになりません。

※最大色数は15色まで可能



シルクスクリーンプリント / Silk Screen Print

自動機械プリントに対して、プリント枠を手で移動させて印刷していくスクリーンプリント法です。小ロット製造、ワンポイント的な印刷、デザインを精細に表現したい場合に向いています。

湿気が多い時期はプリントが乾きにくい場合があります。

自動機械に比べ、コストは高め。

 

※印刷版型代は1版辺り3,000円。価格は版の大きさや精細さによって異なりますので、大体の目安です。



インクジェットプリント / Inkjet Printing

主にサンプルを作成する場合に使用します。小ロットで製造可能。写真を印刷する事も可能なくらい精細でカラフルな表現が出来ます。ただし、染色インクは一般の生地に比べると耐久性に劣る為、環境によって色移りの可能性があります。

 

<2019年2月更新>

技術が進歩しており、水堅牢度・摩擦堅牢度を検査したところ、4級もしくは4-5級の数値が出ており、色柄は限定されますが、量産に耐えうる品質に改善されています。



エンボス / Emboss

エンボス(Emboss)とは柄を浮き彫りにする加工。 柄のついたロールに生地をかけ、重量をかけながら熱をかけることで、全体的に凹凸感のある柄の生地が出来上がります。



先染 / Yarn-Dyed

生地を織る前に糸を染色し、織り上げたものを指します。主にチェック柄などで利用されています。

色の付いた糸を組み合わせて織ることで、多彩な色柄が表現できます。プリントや後染に比べ、高価な生地になります。



オーバーロック / Overlock

傘の縁に付ける装飾。専用のミシンで生地を縁取る加工。

密度が薄めのオーバロック加工



パイピング / Piping

傘の裾に用いる装飾。パイピング加工によって裾にボリューム感が出る。大体6mm~8mm幅が多い。6mm以下は幅が狭すぎる為、ミシンがかけられない。8mm以上になるとブクが目立つ為、外観が悪くなる。



ピコレース / Pico lace

傘の縁に専用ミシンで縫いつける装飾加工。主に晴雨兼用傘やレディース向け雨傘に用いる。

上記写真のような二重のレース装飾をダブルピコレースと呼ぶ。

色落ちしない、堅牢度の良い素材を使用する事が重要。



ラッセルレース

傘の裾に付ける装飾、ラッセルレース。主に晴雨兼用傘やパラソル、レディース向け雨傘に用います。

レースは堅牢度の高い素材や色を選ぶ必要があります。



フリル / Frill

傘の裾の装飾、フリル加工。写真のものは最も簡易なパターンで、様々なバリエーションが可能。



ステッチ / Stitch

傘の裾に装飾する加工の1種。

目立たせる為に、通常の縫い糸よりも太めの糸を使用する場合が多い。



リックラックテープ / Rick Rack Tape

蛇腹テープや山道テープとかとも呼ばれる。

素材はテープ状になっているものを資材メーカーから購入し、傘の縁に取り付ける加工です。

素材の段階では傘に取り付けることは考慮されていないので、堅牢度などは事前にチェック必要。



スパンコール / Spangle

傘生地に対する装飾加工として、スパンコール加工があります。

主に日傘に使われたりしており、日本ではあまり普及していない加工。欧州や中国では割りとポピュラーな加工です。上の写真のように花芯などを表現するのに最適な加工です。

スパンコールのカラー見本。

様々な色を選ぶ事が可能です。

写真のように一筆書きのような表現も出来ます。


Information

東京ギフト・ショーへ出展いたします (月, 26 8月 2019)
2019年9月3日(火)〜6日(金)、東京ビッグサイトで開催される東京ギフト・ショーに出展いたします。 青海展示棟:青B-WH-010 西ホール:西1-T08-15 今回は上記2ブースで出展いたします。 新開発商品を展示予定ですので、是非お立ち寄りください。
>> 続きを読む

Blog

完全遮光日傘 HeatBlockのプライス設定 (Tue, 08 Oct 2019)
>> 続きを読む

Kickstarterにて世界最軽量クラスの自動開閉折りたたみ傘販売を開始 (Thu, 03 Oct 2019)
>> 続きを読む

傘のOEM、小ロットでの対応 (Tue, 24 Sep 2019)
>> 続きを読む

傘シェアリングサービスの持続可能性 (Thu, 19 Sep 2019)
>> 続きを読む



Product

「軽さ」にこだわった79gの折りたたみ傘

 

水滴がボール状になる超撥水アンブレラ

 

風に強く折れにくい丈夫な傘

 

Lサイズの超軽量折りたたみ傘

 

力が弱い女性や高齢者の方でも軽々操作

 

半永久的にUV99%カット

 

完全遮光生地を使った超軽量日傘

 

Blanche Coeur

 

細い・軽い・丈夫な傘 Super Slim Stick

 

強力撥水持続加工 Easy-Dry

 

進化した72gの超軽量折りたたみ傘

 



Contact

お気軽にお問い合わせください。専門スタッフがご対応いたします。

メモ: * は入力必須項目です

 

お電話でのお問い合わせ

 

052-228-9641

平日 9時-17時

 

メールでのお問い合わせ

 

info@amvel.net



English Contents



アンベル株式会社

〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-10-11

リブラ丸の内6-401