傘生地の素材


雨傘・晴雨兼用傘・日傘に使われる素材は主にポリエステル、ナイロン、T/C、ポリエチレンが一般的です。日傘だけですと、綿や麻などの素材も使われます。

※下記の解説は一般的な製品に対するものです。特殊な製品は対象としておりません。

【ポリエステル】

雨傘に関しては、ポリエステルが最も使われている素材ではないかと思います。ポリエステルは疎水性や発色が良いのがその理由です。デメリットとしては移行昇華(色移り)しやすい素材であることです。現在は加工技術の進歩により移行昇華する確率は減っていますが、染色の関係上絶対に色移りが発生しないとは言い切れないという問題があります。

【ナイロン】

最近はほとんど使われていませんが、昔は製造コストが安かった為、ナイロンが沢山使われていました。近年ではポリエステルとほぼコストが変わらなくなった為、ナイロンを選択する理由がなくなりました。またナイロンは生地の収縮があり、冬などの空気が乾燥するシーズンは傘の開閉に支障をきたす場合があります。メリットとしてはポリエステルと比べ染色方法が異なるので、移行昇華は発生しない素材です。

【T/C】

ポリエステルと綿の混紡素材。晴雨兼用傘や日傘などに、綿のような風合いを出したいときに使う素材。通称T/Cと呼ばれていますが、かつてポリエステルの事をテトロン(東レの商標)と呼んでいた名残りで頭文字のTを使い、Cはコットン(綿)で、T/Cと呼ばれています。正確にはポリエステルとコットンなので、P/Cという呼び名がふさわしいかと思います。ポリエステルと綿の混紡比率は様々ですがポリエステル60%〜70%、綿が30%〜40%程度が相場になっています。

【ポリエチレン】

ビニール傘などで使われる透明な素材。以前はPVC(=ポリ塩化ビニル)が使われていましたが、ダイオキシン問題でPVCは使われなくなり、代替素材としてポリエチレンがメインで使われるようになっています。ポリエチレンのデメリットとしては素材に傷が付きやすい事・白濁しやすい事です。