グラスファイバー骨とは


主に傘のフレームに使われている傘骨素材のひとつ。

業界での名称は通称グラスファイバーと呼ばれていますが、正しくは繊維強化プラスチック (FRP) と呼びます。

ガラス繊維とプラスチックを混ぜて固める事で、プラスチック以上の弾力性を発揮します。

主に傘の親骨に使われる事が多いです。

グラスファイバー骨の特徴


先程も書いた通り、弾力性があるのがグラスファイバーの素材特性になります。

傘骨で一番折れやすいと言われているのが親骨で、折れる原因は風に煽られることで発生します。

しかしグラスファイバー骨は傘骨が風に煽られて曲がっても、その弾力性で折れる事なく元に戻ります。

グラスファイバー骨のデメリット


グラスファイバー骨は折れにくいと書きましたが、絶対に折れない訳ではありません。

ある一定の極限まで曲げると折れてしまいます。

どの程度で折れるかはグラスファイバー骨の太さや長さによって変わってきますが、かなり極端に曲げない限り折れる確率は低いと思われます。

グラスファイバー骨が簡単に折れてしまうとき


丈夫なはずのグラスファイバー骨が簡単に折れてしまうという話を聞きます。

考えられる原因としては

  1. ガラス繊維とプラスチックを混ぜて固める工程において、成形時の温度が不安定
  2. 金属ダボを親骨に使用する場合がありますが、金属ダボにバリなどがある場合

が考えられます。

グラスファイバー骨が折れてしまったら・・・


折れた箇所を絶対に触らないようにして下さい。

詳しくは国民生活センターが発表している ガラス繊維強化プラスチックによるけがに注意!  を御覧いただきたいですが、ガラス繊維に触ると、チクチクするような感触があり怪我をする可能性があります。

News

2018-06-22  国際ファッション雑貨EXPOのお知らせ

2018年7月4日〜2018年7月6日、東京ビッグサイトにて行われる国際ファッション雑貨EXPOに出展致します。ブース番号は「東3ホール E61-41」です。ご来場お待ちしております。

2017-12-1 ファックス番号変更のご案内

旧052-228-9641 →変更後052-222-4299

2017-11-20 プレスリリース

水滴がボール状になって転がり落ちる!水切れバツグンの超撥水アンブレラ「コロント/colont」を販売開始

Contact

お気軽にお問い合わせください。

専門スタッフがご対応いたします。

info@amvel.net

052-228-9641

平日9時-17時

アンベル株式会社

〒460-0002

名古屋市中区丸の内2-10-11

リブラ丸の内6-401



Product

「軽さ」にこだわった79gの折りたたみ傘

力が弱い女性や高齢者の方でも軽々操作

細い・軽い・丈夫な傘 Super Slim Stick


水滴がボール状になる超撥水アンブレラ

半永久的にUV99%カット

強力撥水持続加工 Easy-Dry


風に強く折れにくい丈夫な傘

少し大きめサイズの79gの折りたたみ傘

完全遮光生地を使った超軽量日傘

進化した72gの超軽量折りたたみ傘