傘生地の撥水性試験

©Amvel Inc.
©Amvel Inc.

「撥水性の試験はどのように行われるのか?」「試験内容がよくわかならい」という質問が度々ありますので、ここにまとめておきます。確かに撥水性試験はややこしい点がいくつかあります。 

まず試験の名称がややこしい。

撥水試験の名称は「防水性試験」と分類され、そこから更に分類があり「耐水度試験」と「撥水度試験」に分類されます。

これはJIS規格の規定で決まっている事なので仕方がありませんが、傘業界では防水=耐水との認識なので、ここがまずややこしいポイント。今回は「撥水試験」に関してのみ書きます。

 

撥水試験は処理前・処理後の数値を見て合否判定をします。

数値と言っても染色堅牢度と同じで目視による判定で、1級〜5級の5段階評価。

 

処理前というのは、全く手を加えない新品の状態で、水を掛け撥水度を判定します。

 

ややこしいのは処理後です。

一体何の処理をするかというと、水洗い 或いは ドライクリーニング  を行ない人工的に撥水を劣化させます。

ですがドライクリーニングによる検査はやっておらず、水洗いによる検査が主流だと思います。

 

水洗いの検査は家庭用洗濯機により、3回洗濯を繰り返します。

 

【手順】

40℃の水に洗剤を加え5分間洗濯

30℃以下の水で2 分間すすぎを2回繰り返す

脱水

生地を吊り干し

これを3回繰り返す

 

参考までにドライクリーニング処理は洗濯装置のシリンダに約30℃のパークロロエチレンを約3.78リットル入れ、約50×50㎝の試料と負荷布を合わせて約0.45㎏となるように調整したものを投入し、10分間運転する。これを3回繰り返す。

News

2018-06-22  国際ファッション雑貨EXPOのお知らせ

2018年7月4日〜2018年7月6日、東京ビッグサイトにて行われる国際ファッション雑貨EXPOに出展致します。ブース番号は「東3ホール E61-41」です。ご来場お待ちしております。

2017-12-1 ファックス番号変更のご案内

旧052-228-9641 →変更後052-222-4299

2017-11-20 プレスリリース

水滴がボール状になって転がり落ちる!水切れバツグンの超撥水アンブレラ「コロント/colont」を販売開始

Contact

お気軽にお問い合わせください。

専門スタッフがご対応いたします。

info@amvel.net

052-228-9641

平日9時-17時

アンベル株式会社

〒460-0002

名古屋市中区丸の内2-10-11

リブラ丸の内6-401



Product

「軽さ」にこだわった79gの折りたたみ傘

力が弱い女性や高齢者の方でも軽々操作

細い・軽い・丈夫な傘 Super Slim Stick


水滴がボール状になる超撥水アンブレラ

半永久的にUV99%カット

強力撥水持続加工 Easy-Dry


風に強く折れにくい丈夫な傘

少し大きめサイズの79gの折りたたみ傘

完全遮光生地を使った超軽量日傘

進化した72gの超軽量折りたたみ傘