グラスファイバー傘骨の危険性

まずはこちらをご覧下さい。

ガラス繊維強化プラスチックによるけがに注意!

2015年3月にグラスファイバー骨が危ないと国民生活センターより発表されたものです。 

 弊社の考えとしては全てのグラスファイバー骨が危ないと考えた事はありませんが、使い方・作り方を間違えると非常に危険なものになると思われます。

 

まず使い方として、折れたグラスファイバー骨をそのまま使うのは危ないです。

折れた先は、竹のようにささくれ状になり、その部分にガラス繊維が使われていますので、不用意に触るとチクチクするような感覚があります。

「折れたグラスファイバー骨には触らない」というのを原則として下さい。

 

そして作り方。

これはグラスファイバー骨を成型・射出する時の温度や樹脂の比率により不良率が変わります。工場によりノウハウが異なりますので、一概には言えませんが、成型時の温度管理が重要かと思います。

 

あとは骨と骨の接続方法。

傘骨を組み合わせて行く時にダボという部分があるのですが、このダボに金属製を使うと折れる確率が上がります。

もちろん品質のよいダボもありますが、経験上では樹脂製のダボの方が不良率は低いと思います。

 

提言としては業界基準の見直しです。

グラスファイバー骨の曲げ強度基準を設定し、業界としての強度標準化を決めていくべきだと思います。

現在の基準は鉄骨を使用した場合での品質基準となっており、グラスファイバーの普及率から考えれば、素材別による基準を設定すべきと提言致します。

 

何れにしても低品質の傘を販売してしまうのはアウトサイダーで、コストダウンの為なら何でもアリ、消費者の安全性などは全く考えておりません。

 

品質に対して慎重に検討されているようでしたら、品質面において精通した専門業者に傘の製造を委託される事をお薦めします。

News

夏季休業のご案内

2018年8月11日(土)〜8月19日(日)まで休業いたします。

2018-06-22  国際ファッション雑貨EXPOのお知らせ

2018年7月4日〜2018年7月6日、東京ビッグサイトにて行われる国際ファッション雑貨EXPOに出展致します。ブース番号は「東3ホール E61-41」です。ご来場お待ちしております。

2017-12-1 ファックス番号変更のご案内

旧052-228-9641 →変更後052-222-4299

2017-11-20 プレスリリース

水滴がボール状になって転がり落ちる!水切れバツグンの超撥水アンブレラ「コロント/colont」を販売開始

Contact

お気軽にお問い合わせください。

専門スタッフがご対応いたします。

info@amvel.net

052-228-9641

平日9時-17時

アンベル株式会社

〒460-0002

名古屋市中区丸の内2-10-11

リブラ丸の内6-401



Product

「軽さ」にこだわった79gの折りたたみ傘

力が弱い女性や高齢者の方でも軽々操作

細い・軽い・丈夫な傘 Super Slim Stick


水滴がボール状になる超撥水アンブレラ

半永久的にUV99%カット

強力撥水持続加工 Easy-Dry


風に強く折れにくい丈夫な傘

少し大きめサイズの79gの折りたたみ傘

完全遮光生地を使った超軽量日傘

進化した72gの超軽量折りたたみ傘