傘のOEM、ミニマムロットが大きくなっています

ここ最近忙しすぎて、ブログ更新を怠っておりました。

「更新を楽しみに待っている」という人はいないと思いますが、やはり今は何でもネットで調べる時代で、ホームページのコンテンツ厚みの要素としてブログは大事なので、ちゃんと更新しないといけませんね・・・反省です。

 

さぁ本題ですが、昨年も同じことを書いていると思いますが、小ロットでの製造が本当に厳しくなっています。

当ホームページでも「傘のミニマムロットは600本」と表示していますが、すでに傘骨ロットは最低でも1200本発注しないと材料メーカーさんは受注してくれない状況です。

 

今のところ、傘骨パーツは在庫としてキープしていますので600本から受注可能ですが、ハンドルなど配色にする場合、600本では受注出来ない場合もありますので、ご注意下さい。

その際、ロットが大きくならないようなデザインの調整やスペック変更・素材変更のアドバイスはさせていただきますので、ご安心下さい。

なぜロットが多くなっているのか?

これも過去記事で書いていますが、中国政府が行なっている「環境監査」が厳しさを増しているからです。もちろん現地の法律に従って操業し、違法状態は是正しなければなりませんが・・・

 

監査で不合格になった工場は操業停止という厳しい処分となり、一方で合格している工場には一極集中的にオーダーが入りますので、常時キャパオーバーとなっています。キャパオーバーになるほど注文が入ると、当然ながら工場は効率化や支払条件のよい得意先を選別しますので、ロットが大きくなってくるという状況になっているのが現状です。

 

また中国国内の販売も好調で、日本の傘メーカーの商品を作るよりも、中国国内向けの商品を作った方がオーダー数も多いし、品質も日本人が求める内容よりも厳しくないので、製造しやすいというのが現状だと思います。

今後、どうしていくべきか?

基本的にはミニマム600本オーダーを維持していただきたいです。ただ傘骨パーツは1200本で手配となりますので、翌シーズンもしくは半年先のリピートでの消化をお約束していただけると大変心強いです。

 

また材料ミニマムロットが大きくなったことをポジティブに捉えると、縫製納期自体もかなり長くなっております。これもほぼ傘骨の納期が長いことが原因となっていまして、繁忙期ですと納期が半年先という工場もあります。

ですから、パーツ・材料を持っているというのはある意味 短納期で対応可能な財産となるのではないかと考えます。


News

冬季休業のご案内

2018年12月28日(金)午後〜2019年1月6日(日)まで休業いたします。

夏季休業のご案内

2018年8月11日(土)〜8月19日(日)まで休業いたします。

2018-06-22  国際ファッション雑貨EXPOのお知らせ

2018年7月4日〜2018年7月6日、東京ビッグサイトにて行われる国際ファッション雑貨EXPOに出展致します。ブース番号は「東3ホール E61-41」です。ご来場お待ちしております。

2017-12-1 ファックス番号変更のご案内

旧052-228-9641 →変更後052-222-4299

2017-11-20 プレスリリース

水滴がボール状になって転がり落ちる!水切れバツグンの超撥水アンブレラ「コロント/colont」を販売開始

Contact

お気軽にお問い合わせください。

専門スタッフがご対応いたします。

info@amvel.net

052-228-9641

平日9時-17時

アンベル株式会社

〒460-0002

名古屋市中区丸の内2-10-11

リブラ丸の内6-401



Product

「軽さ」にこだわった79gの折りたたみ傘

力が弱い女性や高齢者の方でも軽々操作

細い・軽い・丈夫な傘 Super Slim Stick


水滴がボール状になる超撥水アンブレラ

半永久的にUV99%カット

強力撥水持続加工 Easy-Dry


風に強く折れにくい丈夫な傘

親骨の長さ54cm、79gの折りたたみ傘

完全遮光生地を使った超軽量日傘

進化した72gの超軽量折りたたみ傘