完全遮光傘のOEMが増えそうな気配

2018年夏は今までにないほどの猛暑・酷暑でした。

来年も同じ傾向が続くであろうというのが業界の予測・方向性になっていて、いわゆる日傘が市場には増えそうです。

日傘といってもジャンルが色々あるのですが、以前はUVカット機能を中心とした「日焼けしたくない」という女性向けのものがほとんどでした。

しかし前述した通り、猛暑・酷暑きっかけによる、「男女問わず避暑用途での日傘」が増えそうな気配です。

日傘のジャンルは?

先程日傘には色々ジャンルがあると書きましたが、改めてまとめてみたいと思います。

UVカット傘

UVカットを謳ったもの。基本的には紫外線カットを目的にしたもので、日焼け防止用の日傘です。

おすすめは紫外線カット99%のものがよいと思います。

性能的には紫外線カット90%以上でも効果があると言われています。購入時には紫外線カット率に注目してみて下さい。

遮光傘

太陽光を遮る性能を持つ日傘です。

エビデンスとしては遮光率99.99%以上を証明出来るもの。

そして遮光傘の生地は2つの作り方があり、ひとつはポリウレタンコーティングのもの、もう1つは遮光フィルムがボンディングされたものの2種類があります。

ポリウレタンコーティングのものはフィルムタイプと比べ安価に製造が可能ですが、製造過程においてムラが生じるもの、劣化するものなので、「完全遮光」というような訴求は難しいかと・・・。

一方遮光フィルムタイプは高価ではありますが、フィルムそのものが遮光しますので、生地が破れたりしない限りその効果は永続的です。

遮熱傘

遮光傘は太陽光を遮るので、同時に熱も遮る効果がありますが、遮熱傘はマイナス3度とかマイナス7度とか、何度涼しくなると遮熱効果を謳ったものです。しかしこの訴求方法について私は懐疑的に見ています。

 

日傘をすればそもそも涼しくはなりますが、マイナス何度と言い切ってしまっていいのか疑問です。

ユーザーが日傘使用時の日差し強さ・照り返し・風速・湿度などにより、何度涼しいと感じるかはかなり個人差があると思います。

まるでダイエットサプリみたいに「効果には個人差があります」というような表現をせざるとえないので、非常にエビデンス的にはグレーです。

業界には遮熱の検査基準はあるものの、今年のような猛暑・酷暑を想定した検査基準ではないので、正直アテにならないと思います。

来年の夏は熱中症を防ぐ為にも、遮光効果のある日傘は注目されており、今ならまだオーダーも間に合いますので、OEMを検討されている法人様はお気軽にお問い合わせして下さい。