完全遮光傘のOEMが増えそうな気配

2018年夏は今までにないほどの猛暑・酷暑でした。

来年も同じ傾向が続くであろうというのが業界の予測・方向性になっていて、いわゆる日傘が市場には増えそうです。

日傘といってもジャンルが色々あるのですが、以前はUVカット機能を中心とした「日焼けしたくない」という女性向けのものがほとんどでした。

しかし前述した通り、猛暑・酷暑きっかけによる、「男女問わず避暑用途での日傘」が増えそうな気配です。

日傘のジャンルは?

先程日傘には色々ジャンルがあると書きましたが、改めてまとめてみたいと思います。

 

UVカット傘

UVカットを謳ったもの。基本的には紫外線カットを目的にしたもので、日焼け防止用の日傘です。おすすめは紫外線カット99%のものがよいと思います。性能的には紫外線カット90%以上でも効果があると言われています。購入時には紫外線カット率に注目してみて下さい。

遮光傘

太陽光を遮る性能を持つ日傘です。エビデンスとしては遮光率99.99%以上を証明出来るもの。そして遮光傘の生地は2つの作り方があり、ひとつはポリウレタンコーティングのもの、もう1つは遮光フィルムがボンディングされたものの2種類があります。

ポリウレタンコーティングのものはフィルムタイプと比べ安価に製造が可能ですが、製造過程においてムラが生じるもの、劣化するものなので、「完全遮光」というような訴求は難しいかと・・・。一方遮光フィルムタイプは高価ではありますが、フィルムそのものが遮光しますので、生地が破れたりしない限りその効果は永続的です。

遮熱傘

遮光傘は太陽光を遮るので、同時に熱も遮る効果がありますが、遮熱傘はマイナス3度とかマイナス7度とか、何度涼しくなると遮熱効果を謳ったものです。しかしこの訴求方法について私は懐疑的に見ています。

日傘をすればそもそも涼しくはなりますが、マイナス何度と言い切ってしまっていいのか疑問です。ユーザーが日傘使用時の日差し強さ・照り返し・風速・湿度などにより、何度涼しいと感じるかはかなり個人差があると思います。まるでダイエットサプリみたいに「効果には個人差があります」というような表現をせざるとえないので、非常にエビデンス的にはグレーです。

業界には遮熱の検査基準はあるものの、今年のような猛暑・酷暑を想定した検査基準ではないので、正直アテにならないと思います。

来年の夏は熱中症を防ぐ為にも、遮光効果のある日傘は注目されており、今ならまだオーダーも間に合いますので、OEMを検討されている法人様はお気軽にお問い合わせして下さい。


News

夏季休業のご案内

2018年8月11日(土)〜8月19日(日)まで休業いたします。

2018-06-22  国際ファッション雑貨EXPOのお知らせ

2018年7月4日〜2018年7月6日、東京ビッグサイトにて行われる国際ファッション雑貨EXPOに出展致します。ブース番号は「東3ホール E61-41」です。ご来場お待ちしております。

2017-12-1 ファックス番号変更のご案内

旧052-228-9641 →変更後052-222-4299

2017-11-20 プレスリリース

水滴がボール状になって転がり落ちる!水切れバツグンの超撥水アンブレラ「コロント/colont」を販売開始

Contact

お気軽にお問い合わせください。

専門スタッフがご対応いたします。

info@amvel.net

052-228-9641

平日9時-17時

アンベル株式会社

〒460-0002

名古屋市中区丸の内2-10-11

リブラ丸の内6-401



Product

「軽さ」にこだわった79gの折りたたみ傘

力が弱い女性や高齢者の方でも軽々操作

細い・軽い・丈夫な傘 Super Slim Stick


水滴がボール状になる超撥水アンブレラ

半永久的にUV99%カット

強力撥水持続加工 Easy-Dry


風に強く折れにくい丈夫な傘

親骨の長さ54cm、79gの折りたたみ傘

完全遮光生地を使った超軽量日傘

進化した72gの超軽量折りたたみ傘